WTC HEADER PRODUCTS CRYORAMAN

cryoRaman – 極低温ラマンイメージング顕微鏡

クライオラマン - 極低温ラマンイメージング

  • cryoRaman Keyvisual web
  • cryoRaman (クライオラマン)は、比類のない空間分解能かつ極低温でラマンイメージング測定が可能です。これは、絶対零度近くまで冷却されたときに新奇特性を示す物質を調査する研究者のために開発されました。alpha300顕微鏡シリーズの性能とモジュール性を高度なクライオスタット技術およびナノ位置決め技術と組み合わせることにより、高磁場の環境で1.8Kまでの測定が、容易に構築および利用可能となりました。

     既存および新規課題に対応するように設計されたcryoRamanは、幅広いオプションを通じて拡張できる堅牢な標準機能を提供します。

     

特徴

アプリケーション例

    • WSe2 120K web
      120Kにおける二セレン化タングステン (WSe2) のラマンイメージ。単層(緑)、2層(青)および3層(赤)の領域がラマンスペクトルからはっきりと識別されました。

    • MoS2 WSe2 2K web
      二硫化モリブデン(MoS2/WSe2 )の偏光依存および磁場依存ラマンイメージ (単層部と多層部との強度比で描画)。図で示すようにポラライザーとアナライザーは互いに垂直もしくは平行の関係でイメージングを実施しました。
    • MoS2 2K B Pol dep Raman web
      2Kにおける二硫化モリブデン(MoS2)の偏光依存および磁場依存ラマンイメージ(A’1 /E強度比で描画)。図で示すようにポラライザーとアナライザーは互いに垂直もしくは平行の関係でイメージングを実施しました。
  • WSe2 cryoRaman T dep PL web
    二セレン化タングステン(WSe 2 [/ sub])のフォトルミネッセンス(PL)スペクトルの温度依存シフト。様々な温度(300K、200K、50K、および2K)でのPL画像は、PLピーク位置に対応し色分けされています。 各温度の標準化されたPLスペクトルは、それぞれ色分けされ、実線と破線はそれぞれ単層の中心と外縁からのスペクトルを表します。

製品カタログ

お問い合わせ

  • 当社への資料請求、お問い合わせ、ご相談、製品やサービスについてのご質問やご要望がございましたら、

    下記のフォームよりお気軽にお問い合わせください。

    都道府県、区市町村
    番地・ビル名

    個人情報の取り扱いについて:

    お客さまからお預かりした個人データは、お問い合わせフォームから頂いたご質問に対する回答として、当社からのご連絡に利用いたします。当社または当社からの委託を受けて業務を行うパートナー企業がお客様に当社の業務のご案内をする目的で、電子メール、電話、或いは資料のご郵送をする場合があります。 個人データの処理は、当社のデータ保護規則に基づいており、お客様はデータ利用の同意をいつでも取り消すことができます。